--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/12

秋葉原連続殺傷事件被害者に救済の手を

 秋葉原連続殺傷事件については、10日にもこの日記で触れたが、今回は被害者救済法について触れたいと思う。

 恐らく、この事を聡明な皆様が知れば国家に対する怒りと疑念しか沸いてこないと思う。

 私は、なるべく多くの人に犯罪被害者給付金制度を知ってもらうよう、それが正しく運用されて行くように国会議員に圧力をかけるために手を貸して欲しいと思う。

 ↓追記を表示

 さて、その犯罪被害者救済法だが、実は様々な問題から法改正を受けて、改正法が2008年7月1日から施行される準備が整っていた。

 しかし、秋葉原連続殺傷事件が起きたのは、6月8日の事である。

 実は、この秋葉原連続殺傷事件で被害者になった方々は、改正までたった23日前に起こった事件であると言うだけで、その後の救済策がまったく異なってくるのだと言う。

 具体的な金額を言ってしまえば、車で殺された3名の被害者家族には最高3000万円が、自賠責保険の中から支給される事になる。

 しかし、ナイフで刺し殺されてしまった4名の方、また今も入院中である10名の方々には、最高でも300万円程度しか支給されないらしいのだ。

 要するに、『凶器が何であったか?』によって被害者を救済する額がまったく違ってくるというのだ。

 もちろん、『命』を金に変換する事はできないし、してはならない。

 しかし、この事件だけでなくすべての犯罪の被害者となってしまった人々は重い後遺症や、その後の生活の保障もなくなってしまう事もある。

 私は、今回の痛ましい犯罪被害については『超法規的措置』を取って、施行後の救済額を国家に求めていく事が、正しい事なのではないだろうかと思う。

 どうせ使われるのは我々国民の税金である。

 国会議員自らが秋葉原連続殺傷事件の被害者に救済金を支払うわけではない。

 ならば、正しい事に使う権利を求める事も我々国民には可能なはずである。

 この記事を読んでる皆さんも、もしよろしければ国会議員にメールなりFAXを送付して欲しい。

 たった23日の差で、被害者救援策が変わってくるのは、明らかに間違っていると。

 もしも否定的な意見を持つ議員がいるならば、その名前を実名で晒して欲しい。

 その議員は、必ず次の選挙で落選させるべきであるからだ。

 ともかく、私は改正犯罪被害者救済法に基づく、被害者救済を本件には求める事とする。


↓関連記事一覧
秋葉原のテロ。東浩紀さん「文化の発信地として狙われた」「治安強化では解決しない」
秋葉原のテロ。碓井真史さん「幸福象徴の秋葉原に恨み」竹田圭吾さん「いや、サブカル解放区への同化」
秋葉原殺人事件と報道と
秋葉原通り魔事件が規制強化に利用されてよいか?
通り魔事件の被害者にお悔やみとお見舞い申し上げます(規制を真っ先に語る内閣に疑念)
秋葉原の無差別殺人事件からの雑感
「かわいそうだと思うが共感は……」──冷静・疑問・理解 秋葉原の同世代
通り魔事件、秋葉原に影響は

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック

正義とは

NHKきょうの世界 児ポ法問題について日本ユニセフの主張を垂れ流し。 以前報道の、えん罪問題に触れず(フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版・サブカル叩き報道を追う) この番組は見ていないので、番組の内容そのものについては何ともいえないのだが、それでも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。